日産リーフに6年間乗って思うこと03_【良い車ですよ】

日産リーフ

リーフについて、マイナス点から書き出してしまいましたが、もちろん、良いところもあり、実際に、いまでも乗っていますので、良いところを書いてみます。

1.静かで加速が心地よい
リーフの良さは何より静かなことと加速感が気持ちが良いということです。私は車中泊をして旅をするのですが、エアコンをつけるためにエンジンをかけっぱなしにしても、エンジンの振動や音がしないのがいいですね。
個人的にはあまりエンジンをかけっぱなしで寝るのってあまり好きではないです。車内の寝やすさは別にして、この静かさは最高ですね。
また、加速が気持ちいいです。坂道とかもグイグイ上るし、気持ちが良いですね。ただ、坂道での加速は思い切り電気をくいますので峠道の減りは脅威です(昇った分、下りで充電されますので、おそらく、総合的には平地を走るのと変わりない感じでしょうか?厳密にはそうではないのかも知れませんが、感覚的には登り切ったら一安心です)。
2.充電料金がリーズナブル
このリーズナブル感は日産のZESP2に限る話です。昔、矢沢永吉が出ていたCMで旅ホーダイというキャッチフレーズが記憶にあるところです。
いま、このサービスに加入できているので、どれだけ走っても1か月2200円?くらいなので、最近のガソリン価格の高さを考えれば、250kmほど走ればもとが取れる計算なので、相当お得です。
月に500~600kmほど走っているので、ガソリン価格が上がるほど、お得感は増しますね。
ただ、いまではZESP2は改悪?されてZESP3という制度に変わりました。どうも新サービス下では非常にサービスが使いにくいという話を見聞きします。いまは2000円?2200円?くらいで急速充電器を使い放題ですが、新しいサービスでは、従量制ではないですが、充電できる回数がプランごとに定められていて、どうも評判が悪いです。私のZESP2はあと2年ほど契約期間がありますが、正直なところ、ZESP3への移行は悩みます。
ZESP3ってどうなんでしょうね。

 

40代で電力会社から京都にある太陽光発電を設置する会社へ転職。太陽光発電営業のリアルな現場、中小企業の面白さ、大変さをお伝えしていきます。太陽光のみならず初めて住む京都の生活、転職の感想、仕事をするうえでの心がけなど、雑記ブログになるかな。

京都見習いをフォローする
日産リーフ
京都見習いをフォローする
産業用太陽光の「ちりぬるを」

コメント

タイトルとURLをコピーしました